酒粕で美白ができるといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、本当です。 酒粕には美白効果があり、化粧品に使用されていることもあります。 シミができる原因として最も大きいのが、紫外線です。 紫外線を浴びるとメラニン色素が現われ、それがしみの原因になります。 メラニン色素はドーパクロムという物質が紫外線を浴びることで変化したものです。 ということは、ドーパクロムを抑制することができれば、メラニン色素の発生を防ぎ、しみを作らずに済むということになります。 そして、このドーパクロムの発生を防ぐ成分を含んでいるのが酒粕です。 さらに、酒粕には保湿・保温効果がある成分が大量に含まれているため、美肌をつくるのに最適です。 酒粕にはこういった効果があるので、美白にいいといわれています。 酒粕の成分を配合した化粧水を使用するのもいいですし、酒粕を使ってパックをするのもいいでしょう。 また、体内から取り入れるというのも美白に効果的です。